カカオハスク(Cacao Husk)
カカオハスク(Cacao Husk)

カカオハスク(Cacao Husk)

【CACAO CROWN CHEF’s TRIVIA】

カカオハスク(Cacao Husk)とは?

カカオ豆の外皮です。

カカオ豆を焙煎・粉砕した時に【カカオニブ】と【カカオハスク】に分けられ、カカオニブはチョコレートや商品の素材に、カカオハスクは基本捨てられてしまいま
す。

カカオハスクには、苦味成分が含まれているためカカオニブと一緒にチョコレートに混ぜてしまうと、余分な苦みや雑味が入ってしまいます。

ですので、チョコレートを作る時にはカカオニブだけを使って、カカオハスクは捨てられてしまうのです。

ですが、カカオハスクにはカカオの香りがしっかりと含まれています。

当店では、カカオハスクの特徴を活かしてカカオハスクティー用茶葉として、またはお菓子の素材として捨てる事なく使用しています。

※カカオハスク(茶葉)※

当店では、現在3種類(ガーナ・ベトナム・台湾)のカカオハスクを販売しています。

カカオハスクは、カカオ豆を購入しないと出てこないので、ご好評によりフレーバーが少なかったり、全種類完売していることもあるかもしれません。ご容赦ください。

※お菓子の素材※

当店の、フロランタンサブレのサブレ生地にカカオハスクを使用しています。

香ばしいアーモンドとキャラメルに、カカオの香りがほんのり感じられ、癖になる商品です。

補足

近年、カカオハスクのカビ毒の話を聞くことがあります。

カカオ豆は、現地で発酵させています。つまりカカオ豆は発酵食品です。

カカオ豆を発酵・乾燥・輸送する時に、保存方法などによってカカオ豆にカビが生える場合があります。

カカオ豆に生えるカビには、アフラトキシンと言う毒があり、大量に摂取すると身体に悪影響を起こします。

当店では、カカオハスクを研究機関で微生物検査とカビ毒検査を行い、安全な物を使用しています。

安心して、お使い頂けます。

【レシピ】カカオハスクのフレンチトースト

※カカオハスクのフレンチトースト※

パン(4枚切り) 2枚

卵       2個

砂糖      50g

牛乳      450g

カカオハスク  45g

バター     10g

❶ボールなどに、牛乳とカカオハスクを入れて軽く混ぜ、冷蔵庫で3時間以上寝かして香りと風味を牛乳に移します。

❷茶こしで、❶を通してカカオハスクを取り除きます。

❸卵をしっかり掻き混ぜます。

❹砂糖を❸に入れて混ぜます。

❺❷の牛乳と❹の卵を合わせて、茶こしに通します。

❻パンの耳を落として、半分に切ります。

❼フレンチトーストの種をバットに移して、カットしたパンを並べて4時間冷蔵庫で寝かします。

❽パンをひっくり返して、更に4時間冷蔵庫で寝かします。

❾フライパンにバターを引いて、パンを並べてフタをし弱火で6分程焼きます。

❿ひっくり返して更に6分程焼き上げたら出来上がり。

※焼く時は、基本さわらないでフタをして蒸し上げると、ふっくらジューシーなフレンチトーストが出来ます。

カカオの香りがほんのり香るフレンチトースト。

アイスやジャムなどを一緒に添えて、ちょっと贅沢なひと時を・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。